多忙大学生が自転車で行く日本一周

課題に追われる大学生が日本一周の出来事を記す備忘録的なブログです

42日目 雨の道をノンストップで走破 舞鶴→小浜

こんにちは、今日は小浜まで行きますが天気は雨予報。昨日はこれを見越して舞鶴まで来ましたが、ここからでも45kmほどあります。休憩などで止まってしまうと体が冷えてしまうのでできれば小浜までノンストップで行きたいですがどうでしょうか。一応、目的地は小浜のスーパー銭湯にしてあります。

起床は8時半、荷物をまとめてチェックアウトします。今日のホテルはモーニングがついており、併設のカフェで朝食を食べました。で、もちろん外は雨が降っているので屋根のある場所で荷積をし、レインコートと手袋で装備を整えて出発です。10時ごろです。

f:id:miuraoro:20210420201210j:plain

ホテルのモーニング。サラダは苦手なのでナシで、飲み物はリンゴジュースです

出発してすぐ、水溜りで足が濡れるなと思って靴下の外側にビニール袋を被せました。これで準備は万全です。27号線をひたすら走っていきます。まず最初に見た看板、小浜まで45kmとでていました。正直長いなと思いましたが頑張っていきます。27号線は歩道のある区間もありますが、無い区間も多くて車道を走る割合が高かったです。小浜までは5つくらい?トンネルがありましたが歩道もなく、可能ならば迂回をしたほうがいいでしょう。今回は雨でスマホが操作できなかったのと、交通量から判断してトンネルを通過しましたが、特に路側帯に砂が溜まっているトンネルがあり危ないと思います。砂はとんでもなく速度が落ちて、舵も効かなくなるのでやばいです。

結局、小浜までは休憩なしで走り切りました。ビニール袋で保護した足は1時間とかで水が染み始めて結局濡れました。さすがに水溜りを何度も突っ切っていたら厳しい感じでした。しかし風がないので本当に楽です。25~30kmくらいで巡航していたので思っているよりも早く小浜まで到着することができました。

また、途中では今日も差し入れをくださった方がいました。車で止まってくれていて、ポカリと沢山のプロテインバーの入ったビニール袋を渡してくれました。雨が降っていてお話などはなかなかできなかったですが、本当にありがとうございます!!

そうして13時前、小浜に到着したらコンビニで着替えと昼食を取りました。コンビニではなんとか雨が当たらない場所があって助かります。昼食はカップ麺2つでしたが雨の中を走る気にもなれず1時間以上と長居しちゃいました。

f:id:miuraoro:20210420201216j:plain

濡れたレインコートは冷たいので脱ぎます

その後は大学の課題の関係ですぐそこのスーパーへ。目的のものは結局見つかりませんでしたが駐車場にあったコインランドリーでレインコートを乾燥させました。

こうして次はスーパー銭湯の濱の湯へ。2kmくらいで着きますがレインコートが乾いたおかげで問題ありません。お風呂へ入り、休憩所でパフェを食べ、ブログや課題なんかを終わらせてしまいましょう。休憩所からは夕日が見えました。日の入りの時間は東へ進むにつれてどんどん短くなっています。ここまでで15分くらいは短くなっているので自転車で走る時は注意が必要ですね。

f:id:miuraoro:20210420201222j:plain

休憩スペースでマンゴーパフェ。風呂上がりだからかソフトクリームがとても美味しく感じました。

f:id:miuraoro:20210420201204j:plain

作業をしていたら夕日が見えました。きれいです!


結局、作業は20時くらいまで続き、もう一度お風呂に入って温まってから出発しました。もう雨は降っていません。ホテルのチェックインを21時で連絡したので、ホテルへ行ってから夕食を食べようと思います。ホテルは小浜駅前。ちょっと高いですが、この辺りでは安いホテルがないので仕方がありません。キャンプするのもちょっとね。

というわけでチェックイン。荷物を半分置いて夕飯を食べにいきます。今日の夕飯は餃子の王将で。ホテルから2.5kmあります。小浜駅周辺にはちょうど良いお店はありませんでした。で、注文したのは餃子2人前、天津炒飯大盛り、こってりラーメン大盛りです。22時閉店なので食べる時間が45分しかなくて結構大変でした。流石に王将はボリューム多めで、これだけあれば満腹です。時間制限で限界ギリギリでした。美味しかったです。

f:id:miuraoro:20210420201240j:plain

f:id:miuraoro:20210420201245j:plain

f:id:miuraoro:20210420201251j:plain

王将での食事。ラーメンは食べ途中の画像でごめんなさい。

夕飯後は隣のミニストップに寄って、課題で必要な商品売っていないかなと半ば諦め気味で行ったら売っていてびっくりです。ちなみに課題の内容は授業の指示で公開はできません。

そんなで超満腹のお腹で軽く動きながらホテルまで戻りました。時間は22時20分。お風呂はすでに入ったので良いとして、日曜提出の課題やブログの続きを書く前に休憩しようとしたら寝ちゃいました。途中でものすごい喉が乾いて起きたりもしましたが、作業は明日の朝早起きをしてやってしまうことにします。

以上が今日の出来事でした。雨の中を走るのは大変ですが、50km行かない距離であれば今日の感じで進めることがわかりました。流石に100kmとかは無理だと思いますがね。あとは、よく考えてみれば春休み分の日本一周は明日が最終日なので、今日が最後のお風呂で、宿泊で、明日には旅の日常が一旦終了すると考えるとしんみりした感情にもなります。まあ、久々に親に会えたりするのが楽しみでもありますが。

今日のまとめ

f:id:miuraoro:20210420201255p:plain走行距離    53.01km
走行時間    3:06.23

食費       2973円
コインランドリー  100円
入湯代       620円
宿泊費      6050円
計        9743円

明日はレンタカーで名古屋へ自転車を運ぶので、返却時間を考えて敦賀の到着時間は昼ごろまでにしないといけません。雨は降るかもですが強い追い風予報で、今までとは違って走りやすいんじゃないかな。アップダウンもそこまではないはずです。

41日目 天橋立を見る。そして大学の授業を受ける! 豊岡→舞鶴

こんにちは、今日は大学の授業もあるので天橋立がある宮津まで、と予定を立てていましたが親の助言で舞鶴まで走りたいと思います。明日がかなり雨が降るみたいなので小浜までの距離を少しでも減らしたいわけです。というわけで今日の走行距離の予定は大体70kmくらい、途中には200m超えの峠がありますがアップダウンはそれだけなので昨日ほど大変ではなさそうです。あとは、天橋立は前からずっといきたかった場所なので楽しみです。

起床は9時、昨日買った半額弁当を食べながら宮津までは10時出発で間に合うなと思っていたところ、親からの連絡で急遽、目的地を舞鶴まで変更しました。それに関する情報なども調べつつ出発は10時ごろです。まずは出石川沿いを上っていきます。426号線は途中までは歩道がありましたが、そこからは反対側の車が走っていない道路なんかを通りました。そうしていたらなんと川の反対側から看板を見てくれたらしく、車でこちら側まできて差し入れをくださった方がいました。ありがとうございます!

f:id:miuraoro:20210417194828j:plain

差し入れを頂いた関さんです。この辺りの区長なんだそうです!


お話の中では、コウノトリは見ましたか?ということもありました。ここ豊岡ではコウノトリの野生復帰など様々な取り組みを行なっているみたいです。お話の後しばらく走っていると白い鳥を何匹か見かけることがありましたが、それがコウノトリだったらいいな。

そこからさらに出石川を上り、482号線、県道2号線を走っていきました。途中の出石は城下町で昔の雰囲気が残っている感じでしたが、今回は残念ながら急いでいるのでスキップです。482号線区間までは風が向かい風だったりもしましたが、色々な方の応援もあり結構元気に進んでいきました。2号線になると風がなくなってさらに調子がよくなりました。大体、標高150mあたりまでは緩い上り坂で速度を出しながら進めます。車も少なくて車道が綺麗なので、昨日までとは全然違う走りで行けました。また、道沿いはずっと民家があったりで、森ではなく田舎が続きましたがコンビニなどの休憩場所は無かったです。

峠の最後は少し急にもなりますがこれを越えると京都府、下りが続きます。200m上っただけあって結構長い下りでした。こちらは結構山の中を走っている感じでした。峠のてっぺんから7kmほど、与謝野にやっとコンビニがありますのでそちらで休憩です。昨日のスーパーで買った弁当などを食べますが、汗で服が濡れているのでかなり寒いです。一応、コンビニの建物が風を遮ってくれていますがね。

コンビニには13時前に到着して、1時間くらい滞在しました。この時間であれば天橋立を観光してから15時の授業に間に合いそうです。天橋立までの10km、主に2号線ですが風が追っていて快走でした。途中からはサイクリングロードもあって海の隣を走ります。そうして天橋立駅に14時過ぎに到着、観光案内所なんかで情報収集をしたとこと、天橋立といって思い浮かべる風景は天橋立ビューランドというところから見られそうです。

f:id:miuraoro:20210417194841j:plain

サイクリングロードの写真です。海が近い!

天橋立ビューランドへはケーブルカーかリフトで行きます。時刻表を調べると10分後の14時40分に出発するらしいので急いでケーブルカーの駅へ向かいました。まあ、実際に行ってみるとリフトがずっと動いていたので問題ありませんでしたがね。ケーブルカーの所要時間は10分弱、さすがにちょっと授業の時間が怪しくなってきましたが写真を撮ったり堪能してきました。

f:id:miuraoro:20210417194853j:plain

ケーブルカーからの写真。どんどん上からの景色になっていきます

f:id:miuraoro:20210417194752j:plain

f:id:miuraoro:20210417194821j:plain

天橋立といったらこの角度!綺麗に見えます。

f:id:miuraoro:20210417194817j:plain

股の下から逆さに見ると、龍が昇っている姿に見えるらしい


帰りはリフトで、天橋立を見ながら下りていきました。そしてお土産屋に行きましたが残念ながらステッカーやピンズは無かったです。その後は天橋立は自転車で走れるみたいなので、往復してきました。距離的には2kmくらいで、でこぼこはしていましたが地面が硬くて軽く漕いでいけました。

f:id:miuraoro:20210417194929j:plain

帰りのリフトです!天橋立が正面に見える。

その後は授業を受けるために宮津のコインランドリーへ。洗濯をしつつ無事に授業を受けれました。いつもの感じだと普通に延長するんですが、今回取った授業はちゃんと時間通りに終わって18時ごろに出発しました。舞鶴までは思っていたよりも距離があって、大体30km弱です。

178号線を走っていきますが、ここで風もあって大変でした。しかし途中で県道271号線と175号線に移ってからは路面が本当に綺麗で快適でした。そんなで舞鶴には20時前には到着。ホテルへチェックインしたら吉野家へご飯を食べにいき、ファミマで飲み物を買ったらあとはホテルでシャワーを浴び、ブログを書いて今日もおしまいです。

f:id:miuraoro:20210417194940j:plain

いただいた差し入れはブログを書きながら食べました。こんなにたくさん、ありがとうございます!

今日は結局舞鶴まで来て、明日以降に余裕がかなりできました。ずっと行きたかった天橋立も行けたし、今日もなかなか楽しかったですね。

今日のまとめ

f:id:miuraoro:20210417194945p:plain

走行距離    89.18km
走行時間    5:03.20

食費    1376円
観光費    850円
お土産代  1250円
宿泊費   4700円
計     8176円

40日目 大きさに圧倒された鳥取砂丘。そして峠が続いた道 鳥取→豊岡

こんにちは、このブログで言ったかわかりませんが今週末に日本一周の春休み分が終了します。その春休み分のゴール地点は福井県敦賀ということで、そこまでの行程を逆算した地点、今日は兵庫県の豊岡まで行きたいと思います。ちなみに、鳥取鳥取県のかなり右の方にあって兵庫県と近いので、距離的には50kmくらいなんですがくねった山道ということでなかなか大変そうです。

さて、起床は10時前でした。携帯のアラームが鳴りつつも2度寝をしてしまい、やっぱり昨日の夜が長かったのは結構まずかったですね。しかし今日はテント内に荷物をあまり持ち込んでいませんので撤収はかなり速いです。子供の音楽教室?がキャンプに来て準備をしている横で撤収していたら他に話しかけてくれた方がいました。自転車に荷積みしながらの会話でしたが、今日は豊岡まで進むことを話すと海沿いは景色が綺麗で走ったほうがいいけど、アップダウンが多くてコースターラインだかコースターロードかで呼ばれてるみたいでこの荷物じゃあ大変そうです。

f:id:miuraoro:20210417192558j:plain

テントを貼った場所はこんな感じです。無料なのに広い‼︎

f:id:miuraoro:20210417192609j:plain

お話をしてくれた方です。情報ありがとうございます!


出発したらすぐ、鳥取砂丘を見に行きました。キャンプ場の隣がすでに砂丘でしたが、2kmくらい走って鳥取砂丘ビジターセンターから砂丘へ入ります。鳥取砂丘は小さい頃に来たことがあったので、日本一周しているんだから寄っていくかくらいの気持ちでしたが、馬の背と呼ばれる丘を登るために歩いていくとそのデカさにだんだん圧倒されていきます。実際に登り始めると傾斜角が45度くらいあるような感じで、遠くから見ているよりももっと大変でした。ただ、登った先の景色はまあこんなもんかっていう感じで、鳥取砂丘はデカさを味わう場なのかなと思いました。

f:id:miuraoro:20210417192431j:plain

まず見えた鳥取砂丘。この段階ではそこまでデカさに気づいていません

f:id:miuraoro:20210417192504j:plain

馬の背を上ってから俯瞰で撮った写真。デカいし坂が急!

f:id:miuraoro:20210417192525j:plain

馬の背の上からはこんな景色です

f:id:miuraoro:20210417192518j:plain

最後に鳥取砂丘の石碑

そうしてお土産を買ったりしたら、ここからはひたすらに豊岡まで進んでいきます。道のりは大体80km、最初は県道319号線で海岸沿いを走っていきました。しかし寝不足感があって、初っ端から不安な出だしです。319号線が終わり、328号線を走っているところでお腹が空いて休憩したいなと思っていました。今日は朝ごはんも食べてなくて、鳥取砂丘を出たのは11時半過ぎですからね。というわけで早々に道の駅 きなんせ岩美にて休憩、隣にあったスーパーマーケットで半額のものを狙いつつ食事を取りました。食べたのはチキン南蛮弁当、ご飯200g、UFO、冷たいうどんで普通に以上な量を食べたと思います。

f:id:miuraoro:20210417192622j:plain

こんなに食べるのやっぱりヤバいですよね

休憩を終えて出発したのは13時半、この時点で10kmくらいしか走っていないので今日もヤバいんじゃないか?ここからはさらに海岸沿いの178号線と、そのトンネルを迂回する道で走っていきます。ここからの区間で大変だったのはまずは風が出てきたこと、そして話に聞いた通りアップダウンが多かったです。上り坂では山が遮蔽になって風が少なく、暑くて汗も出たりしますがそれを乗り越えると急に風が強くなって、一気に体が冷えて寒さが辛かったです。

f:id:miuraoro:20210417192536j:plain

f:id:miuraoro:20210417192549j:plain

最初に坂を上って走った県道128号線? 標高110mの山の斜面をアップダウン無しに走る不思議な道です

そして20kmくらい走ったところでやっぱり眠いので、ちょうどあったバス停で仮眠を取りました。3面を壁が囲っていて風が遮れます。そこのベンチで寝っ転がること20分ほどで体力も眠気も良くなったと思います。

f:id:miuraoro:20210417192629j:plain

硬いベンチでしたがかなり休まりました。

そこからは大した休憩は取らずに豊岡まで走りました。休憩を取らなかったのはちょうど良いスポットがなかったのもありますが、服が汗で濡れているので止まると寒いんですよね。というわけで県道261号→4号→県道11号→県道256号→178号と乗り継ぎました。もう寒さとアップダウンで無心になりながら走った区間でしたが、100m越えの峠だけでも110m, 130m, 130m, 120m, 100mとあってもう大変です。しかし下調べの時点で170mの峠があるとgoogle mapが示していましたが、そんなものはなかったです。しかしそれに気づいたのは豊岡まで残り10kmのところ。それまではこの170mの峠に怯えながら進んでいました。

f:id:miuraoro:20210417192638j:plain

途中に自販機で飲み物を買いました。ラインナップが珍しい! しかしカフェオレビターが飲みたかったのにノーマルのが出てきてちょっと残念。

そうして豊岡に到着したのは19時ごろ。今日は駅前のホテルへ宿泊します。チェックインしたらまずはお風呂。冷えた体を温めます。今日のホテルはなんとも古い感じで、お風呂は一般家庭の浴室が共用である感じでした。温度調整が自分でできて、これはこれで良いですけどね。また、部屋のトイレが和式だったりエレベーターがめちゃくちゃ遅かったり、今となってはこんなホテルも珍しいんじゃないでしょうか。テレビも13インチくらいですしね。

お風呂の後は夕飯です。今日は外食ではなくてスーパーで半額のものを探したりしました。駅の連絡路を渡り、片道1kmくらいの散歩は寒かったですがなんか良かったです。そうして夕食を食べ終えてブログを書き、今に至るわけです。また、課題を一つ提出し終えて講義も聞き、ブログの更新だけは後回しになっていますがなんとか両立してやっていけている状態ですかね。

とりあえず今日はこんなところで寝たいと思います。明日は午後にリアルタイムのオンライン授業があるのでできるだけ早く目的地付近に到達したいです。そんなで明日も早寝を目指してしっかり寝たいと思います!

今日のまとめ

f:id:miuraoro:20210417192647p:plain

走行距離    82.02km
走行時間    5:17.12

食費    2413円
お土産代  1080円
ステッカー  310円
宿泊費   3850円
計     7653円

39日目 雨、汗、風。寒い中で鳥取県を横断する 皆生(米子)→鳥取

こんにちは、今日は米子から鳥取まで走るということでだいたい100kmくらいは走りそうです。大学の宿題をやりながらの旅になるので、宿題をやる時間を考えると結構忙しくなりそうです。とりあえず金曜日までの宿題が昨日寝落ちしてしまって終わってないのでそれは確実にやりたいですね。

起床は8時。二度寝なんかをしながらもこの時間に起きました。まずは朝食を食べながら昨日やりかけていたブログを書ききってしまいました。そうして荷物をまとめ、出発は9時半ごろです。天気予報によると、横風ですが結構吹くみたいで、ちょっと不安でしたね。

皆生温泉を出発してからは海沿いのサイクリングロードを走ったりしながらも9号線メインで進みました。風は走りはじめの頃は予報と違い向かい風で、さらに雨もあったので休憩しながら進みました。

f:id:miuraoro:20210417190011j:plain

雨宿りに電話ボックスで休憩する図

しばらくすると風は横風になり、抵抗自体は少なくなりました。横風に煽られながらも着実に漕いでいって12時には30km位を走りました。いいペースです。

この辺りで道の駅があったのでちょっとお昼ごはんにしようと思い休憩。雨に若干濡れ、風で少し寒かったので温かいものを買って休みながら、色々情報を調べました。今夜は風がありますが、鳥取砂丘の近くのキャンプ場が良さそうです。無人の受付で申請書を書けばいいので時間も気にしなくてよさそうです。そんなこんなでいたら、外は結構(1mmくらいですが)雨が降っていました。時間が経てばやむみたいなのでもうちょっと休憩してから出発しようと思います。

f:id:miuraoro:20210417190012j:plain

道の駅近くにあったサンドのマンホール。こちらもポケモンコラボです

f:id:miuraoro:20210417190026j:plain

休憩中の写真です。もちろんカフェオレもホット

出発したのは1345分、結局雨はやんでいませんが弱くはなったと思うのでこのタイミングで出発です。レインコート代わりのスキーウェアを着て完全装備で出発。さっきからは雨になったかわりに向かい風ではなくなりました。なので快適とは言えませんが漕ぐ足は結構楽です。

道の駅から9号線を少し行くと9号線はバイパスになるので、県道320号線を通り、それから179号線でもとの9号線へ合流します。320号線を走っている間は雨がありましたが風は完全に横風で、車も少ないためいい感じです。最近はサイクルコンピュータに表示させるのは距離じゃなくて時間にしたのでどんどん鳥取に近づいている感覚になります。

179号線に入るあたりから雨はやみ、9号線を走っていきますが、途中のパーキングエリアでトイレ休憩をするだけで揺れた服が冷え、寒かったです。

そうしてまた9号を走っていきます。途中、青谷の辺りで9号を離れたりもありましたが海沿いを走行。そうしたらまた向かい風が出てきたので、寒いこともありコンビニで休憩。コーヒーとかスパゲッティとか食べました。

f:id:miuraoro:20210417185851j:plain

道沿いに鳥居が見えたので撮影。寒くて荒れる日本海? いい感じの水飛沫は撮れませんでした

f:id:miuraoro:20210417190036j:plain

コンビニでの食事。鬼盛りの名は伊達ではなく、腹4分目くらいは満たせました


ちょっと長居しつつもそろそろ先へ進まねばなりません。寒いのを我慢して出発。しかしちょっと走ったところで右のシフトレバーに違和感が。ギアがうまく変わらないなぁとかガチャガチャやっていると遂に反応が無くなりました。これはやったかと一度止まって確認してみると、ワイヤーが切れていました。正直、stlはワイヤーが曲がっているのでより切れにくいシフトレバーが良いとか情報は知っていましたが、ワイヤーが摩擦で切れるなんて都市伝説だろとか思っていたので本当に想定外です。日本一周でワイヤーの予備を持っている人もいると聞きますが、自分はそんな準備もありません。なので最寄りの自転車屋さんを調べて修理してもらいます。

f:id:miuraoro:20210417190044j:plain

切れたのが分かってからはワイヤーを引っこ抜いて、たるまないように固定して走ります。


最寄りの自転車屋はここから10kmほど離れた場所。僕はそこまでギアが一番重い状態で走っていかなければいけません。シフトワイヤーは切れると一番重いギアに固定されるからです(厳密にはフロントギアが変えられますが、前も後ろも最大とか正直使う機会がほぼ無いです)。そんな状態、やはり想像のごとく上り坂がとんでもなく大変でした。しかし意外と平地は大丈夫で、重いですが力を込めればいつも以上の速度で巡航でき、意外と早く自転車屋さんに到着しました。

今回修理をお願いするのはサイクルセンター・ヨネザワさんで、今後のためにと修理の様子を見せてくださいとお願いしたら快く教えてくださいました。修理は待ち時間含めて30分ほどで終了。ワイヤーの予備も買い、これで僕も修理が可能です。

f:id:miuraoro:20210417190055j:plain

修理中の写真です。まずは反対側のワイヤーを引っこ抜きますが苦戦されてるようでした。

f:id:miuraoro:20210417190103j:plain

修理後です。サイクルセンター・ヨネザワさん、ありがとうございました!


修理完了後の漕ぎ出しはめちゃめちゃ軽く感じて、快適そのものでした。この自転車屋さんから鳥取駅まではもう5kmくらいです。途中、ダイソーで買い物をしたらパッと駅まで行っちゃいましょう。

鳥取駅で記念写真を撮ったら次は温泉です。どうやらキャンプ場の近くの温泉は今日は臨時休館らしいので、鳥取駅周辺の温泉で済ませます。ここで選んだのは日乃丸温泉さんです。鳥取駅から近く、キレイそうだったのでここにしました。入湯料は450円。源泉温度47度の良さげなお湯です。体を洗ってから入りますが、温度調整が不要のシャワーで楽だったり、蛇口はお湯と水で別で、押している間だけものすごい勢いで出るなど特徴的で面白かったです。

f:id:miuraoro:20210417185905j:plain

f:id:miuraoro:20210417185912j:plain

鳥取駅の写真です。

温泉の方はやっぱり熱くて疲れた体にはとても気持ちがいいです。僕はアツアツのお湯が出るすぐ近くまで行って体を温めました。

f:id:miuraoro:20210417190121j:plain

日乃丸温泉さん。いい湯だった。

こうして雨で冷えた体を温めて、次は鳥取県庁です。温泉からは比較的近くてすぐ着きました。

f:id:miuraoro:20210417185945j:plain

鳥取県庁。ここが20個の県庁でした!

その後は夕飯です。今日はひさびさにジョイフル。充電をさせてもらいながら作業をし、キャンプ場ではあとは寝るだけにしたいと思います。そうして今はブログを書いているわけですね。途中、机を叩くなどのうるさい若者グループが来てトラブルになりかけましたが、大丈夫そうかな?

f:id:miuraoro:20210417190136j:plain

夕飯はカルボナーラと後で注文したマヨネーズ焼きポテト!

結局警察は来ましたが、こちらには特に何もなく課題を終わらせることができました。ただし終わったのは深夜2時ごろ。頭の中である程度完成させてたものをpc上で作るだけなのにこんなに時間がかかるなんて効率悪いですよね。正直、詰めきれてない部分が間田間田ありますがこれ以上時間をかけてもしょうがないのでこの辺りで終わります。

キャンプ場へはここから5kmほど。外はめちゃくちゃ寒くて、霧になっていたので肌が冷たいです。車が少なく快走していたところ残り2kmくらいから上りがありました。結構想定外で、砂丘ってこんなに高低差あったんだっていう感じです。で、上りきったところにキャンプ場。受付にはもちろん人は居ませんが、窓が開いていてそこから申請用紙を取り出して記入しました。

f:id:miuraoro:20210417191627j:plain

受付はこちら。台が濡れていて描きづらい...

キャンプ場は結構広く、他にテントを張っている人が居たので離れた場所で可能な限り静かに設営しました。遠くから聞こえる波の音よりも小さい音だったので大丈夫だと思います。そうして設営完了は3時ごろ、今日はそのまま寝ます。一応アラームは8時から9時にかけてセットしてありますが大丈夫かな?

今日のまとめ

f:id:miuraoro:20210417190140p:plain

走行距離    103.28km
走行時間    6:05.23

食費    2650円
雑貨     440円
修理費   2926円
計     6016円

今日は課題で遅くなり本当にヤバい。後になってレシートの集計していますが、日付を跨いだため夕飯のレシートどこいった?とかやっていました。

38日目 レンタカーで山陰の観光 皆生→皆生

こんにちは、今日は米子で連泊ということでレンタカーで山陰を観光していきます。メインの目的地は石見銀山出雲大社です。米子からは結構離れているので移動に時間がかかると思いますが、まあ普通に運転するのが楽しいので良しとしましょう。今日は天気が本当にやばい予報なのでどうせ自転車でもそんなに進めませんからね。

さて、起床は8時ごろ、予定としましては自転車で米子へ行ってから電車で松江へ、そこで松江のレンタカー屋で車を借りようかなという感じでした。なぜ松江で借りようかというとトヨタレンタカーの営業時間が長かったからです。そのために開店の9時に間に合うような時間で行動したいわけですね。しかしいざ米子駅へいってみると次の電車まで30分以上だったので結局米子で借りました。

ネットで調べてみると、駅レンタカーが20時までやっていて料金も許容範囲です。というわけでパパっとレンタル。だいたい9時ぐらいに出発できました。

そしてまず向かうのは石見銀山。おそらく今日行く場所の中で最も遠い場所なので、先にここまで行ったあとの米子へ戻りつつ観光をしていく考えです。石見銀山までは100kmくらい、いくら車といえどもさすがに時間がかかります。さらに今日は天気が悪いと言いましたが、それは風が強い部分もあって高速道路が通行止めになったりしていました。ちなみに電車も運休になるくらいの暴風です。せっかくこの辺りの高速は無料区間があるのに活かせなくて残念ですが、下道ドライブを楽しみながら石見銀山に11時ごろ到着。

世界遺産センターで案内を受けた後、石見銀山公園へ車を停め、保護のために車の乗り入れが禁止されている2kmちょいをレンタサイクルで上っていきました。そうして入場した石見銀山は正直いまいちパッとしませんでした。確かに人の手で掘ったと考えるとすごいものですが、僕の勝手な想像ではものすごい複雑な迷路上と思っていたので、実際のほぼ一本道の坑道をみると空振り感が否めませんでした。でも、こういうのは掘削時の水対策が大変なもの。水を排水するための竪穴はどうやって掘ったんだよっていう感じで凄かったです。石見銀山はそんな感じで、観光している間に絶対に地震が起きてほしくない場所だなって思います。

f:id:miuraoro:20210417180051j:plain

石見銀山入り口、僕ぐらいの身長でも屈まないといけません

f:id:miuraoro:20210417180342j:plain

坑道です。壁がでこぼこしていてノミみたいなので掘ったんでしょうね

f:id:miuraoro:20210417180107j:plain

ライトが照らしている部分だけ植物が生えています。写真はフラッシュで撮影

f:id:miuraoro:20210417180118j:plain

上を見上げた写真。石を受け止める網が設置されています

f:id:miuraoro:20210417180136j:plain

f:id:miuraoro:20210417180146j:plain

石見銀山を出て歩いた道。すごい雰囲気です!





石見銀山の次は色々調べた結果、出雲大社へ向かいました。石見銀山を出たのが13時で、食事は電車の中で食べるつもりだったのでお腹が減ってしょうがないです。で、出雲には出雲そばというご当地グルメがあるみたいなのでそれを目指し走っていきました。それで到着は14時ごろ、風に加えて雨が降ってきています。ただし今日は宿から傘を借りてきているので大丈夫。適当に歩いて出雲そばの看板のあるお店へ入りました。

注文したものはそばが3段になっているもの。出雲そばはこの重なっている状態のまま一番上へ出汁をかけ、食べ終わったら次の段へ出汁を移して食べていくみたいです。味の方はまあ普通?そばよりも薬味の香りが強くていい香りでした。

f:id:miuraoro:20210417180353j:plain

そばがいくら3段だからといって、一皿が少ないので全然足りません。近くのファミマで追加でカップ麺を食べた後に出雲大社へお参りします。出雲大社はさすが威厳がある感じで、なんかこう言葉では表せませんが空気が違うんですよね。

f:id:miuraoro:20210417180156j:plain

f:id:miuraoro:20210417180212j:plain

f:id:miuraoro:20210417180418j:plain

f:id:miuraoro:20210417180236j:plain

出雲大社のお参り後は隣にある古代出雲歴史博物館へ行きました。入館料は学割にさっき観光案内所で手に入れた割引券で320円です。県立の博物館だけあってかなりしっかりしていて、昔の出雲大社の本殿を支えていた柱や大量の国宝の銅鐸・銅剣が展示されていてかなり見応えがありました。眠かったのと時間もありしっかり見れていないのでもし機会があればまた行きたいです。

f:id:miuraoro:20210417180430j:plain

エントランスの展示。かつて本殿を支えていた柱です。

f:id:miuraoro:20210417180501j:plain

これがかつての本殿の復元模型。すごい構造ですよね

f:id:miuraoro:20210417180246j:plain

銅剣が並べて展示されています。なんかゲームのお店で出てきそうな感じ

f:id:miuraoro:20210417180450j:plain

島根の文化に関する展示もありました。写真は模様のある板で挟み込んで染め物をする際の道具


博物館も見終わったら次は出雲日御碕燈台へ行きます。出雲大社からは車であれば比較的近く、こちらの灯台は日本で一番大きいものらしいです。灯台までは海岸沿いの道を走っていくのですが、強風の影響で海がものすごくうねっていました。本当に今日は風がすごいです。そうして到着した日御碕燈台、駐車場からは少し距離があるのですが、歩いて近づくとどんどん大きくなって、今まで見てきた灯台とは桁違いでした。海には夕日にはなっていませんが太陽が沈みかけてきている状況で、波が岬に打ち付けられる様子などなかなか珍しい景色だったと思います。

f:id:miuraoro:20210417180526j:plain

駐車場からの写真。すでにデカい!

f:id:miuraoro:20210417180320j:plain

こんなに見上げる灯台は初めて!

f:id:miuraoro:20210417180515j:plain

岬からの景色はこんな感じ。柵とかはありません


そうして灯台を見たら車の中でどこか次の観光場所を探しましたが、この時点で17時ごろ。いちど米子駅までの時間を調べてみると2時間を超えるみたいなのでここで帰ります。ただ、昨日のルートのようにベタ踏み坂を通っていっても間に合いそうなので、今度は車で通ってみたいと思います。出雲から松江まで431号線をずっと走り、今度は中海の上の方から島へ渡りました。そしてベタ踏み坂へ。やっぱり写真ほどではなくだいたい2000回転くらいで普通に上っていけました。

f:id:miuraoro:20210417180543j:plain

帰り道の航空自衛隊美保基地では道路から見えるように飛行機が展示されています

そうして観光チックな出来事は今日は終わり、レンタカー屋さんに着いたのは19時15分ごろでしたが、ガソリンの満タン返しをてっきり忘れていたので一度給油しに行きました。なぜかガソリンスタンドが閉まっていたり数が少なかったりで、道に慣れてないこともありちょっと大変でしたが、無事給油してレンタカーも閉店前に余裕を持って返却できました。

そしたら米子駅で夕飯です。今日もまたらーめん大和さんへ行き、塩バターラーメンを食べました。こちらも美味しかったです。塩バターといっても牛骨ラーメンなのには変わりはなく、味に深みがあっていい感じです。

f:id:miuraoro:20210417180554j:plain

そんなで自転車で宿の方へ戻り、コンビニで買った飲み物とおやつを食べながらブログを書いて今日も終了です。今書いているこの文章はは翌日の朝に書いていますが、途中で休憩していたら寝落ちしちゃったんですね。最近は早寝早起きになってきて良い感じです。

f:id:miuraoro:20210417180603j:plain

今日の分のアメニティは扉の前に置いておいてもらいました。地味にお菓子が嬉しい!

今日のまとめ

f:id:miuraoro:20210417180608p:plain

走行距離    9.58km
走行時間    0:40.27

食費     2835円
レンタカー代 6600円
ガソリン代  1598円
入館料     320円
お土産代   2410円
ステッカー等 1460円
宿泊費    4440円
計     19663円

 

今日は体を休めつつ観光できて良かったと思います。多少お金を使い込んでしまいましたが、ケチりすぎて旅の最後にお金が余るのも嫌ですからね。明日は鳥取まで走ろうと思うので久しぶりに100km越え、頑張っていきたいと思います。

37日目 宍道湖のほとりを走って島根を横断 出雲→皆生(米子)

こんにちは、今日は鳥取県の米子まで行きます。米子では連泊の予定ですし、70kmくらいですからかなり心に余裕をもって走れそうです。途中は松江に寄り、島根県庁を制覇するとともに松江城を見ていきたいと思います。とにかく今日は大学の宿題が出ているので、宿の方へ早くつけたらいいな。

起床は9時でした。無料のモーニングを食べ、出発は10時半ごろ。松江方面へ宍道湖の北側を通っていきます。出雲大社はここから7kmくらいの場所にあるんですが残念ながら今日は行きません。自転車で通るルートのもっとも近いところから7kmの位置という感じでさすがにちょっとめんどくさいかなと。しかし出雲大社は明日に車で訪れる予定ですから大丈夫です!

そして、なぜ宍道湖の北側を走るかというと、こちら側はサイクリングロードとして整備されているからです。まずは斐伊川、川堤防の上をきれいに整備されたサイクリングロードがあります。道路と交差する部分もアンダーパスになっており、ノンストップで気持ちいいです。ここを走っている間は風もなく本当に快適でした。

f:id:miuraoro:20210413214331j:plain

サイクリングロードはこんな感じです

およそ10kmを走ったら次は国道431号線です。こちらも歩道があって、何より風がなくて快適に走れました。しかし、しばらく走って休憩したいと思った時にはコンビニは遠く、休憩スポットが少ないかと思っていた矢先に道の駅がありました。こちらの道の駅秋鹿なぎさ公園では宍道湖を利用したマリンスポーツ体験ができるみたいで、値段も30分200円とぜひやってみたい安さだったのですが、ちょうど昼句休憩の時間でちょっと諦めました。カヌーやってみたかったなぁ。

f:id:miuraoro:20210413214339j:plain

宍道湖沿いを快走!

f:id:miuraoro:20210413214511j:plain

一畑電車と道の駅(右奥の建物)


結局、アイスと飲み物を買って先へ進みました。ここから松江まではもう10kmくらいで、あっという間に着きました。最初は松江城から見ようかと思いましたが、そこへ行く途中に島根県庁があったので写真を撮ります。島根県庁からは普通に松江城が見えました。

f:id:miuraoro:20210413215432j:plain

道の駅で食べたアイス。白バラ牛乳はこの辺りのブランドみたい

f:id:miuraoro:20210413214359j:plain

島根県庁!19箇所目です

そこから物産館でお土産を買いつつ松江城の前へ。松江城は国宝指定の天守閣で、現存する5つのうちの一つみたいですが、入場料がちょっと高かったので入りませんでした。写真を撮ったり、観光案内所でピンバッジを買ったら松江城を離れます。

f:id:miuraoro:20210413214314j:plain

この後は特に見るものも無い予定でしたが、松江城を見ていてふと思い出しました。日本一周で行ってみたいなと思っていたベタ踏み坂がこの辺りにあります。なんかこうみんなで行くには微妙な、過酷な観光地を求めているんですがこのベタ踏み坂がその一つです。位置はちょうど島根と鳥取の県境にあり、10kmくらい迂回することで行くことができますので、予定を変更してそちらへ向かいます。

松江駅にちょっと寄って写真を撮った後、県道260号と338号で大根島へ。島へ渡る道は橋なのかなと思っていましたが陸地で、砂洲の上を走っていく感じでした。

ここはさらに追い風にもなり本当に快適です。338号はサイクリングロードにもなっていますが、こちらは島をぐるりと周るルート。僕は距離を短くするために島を突っ切って進んでいきましたが、この辺りから雨がちょっと強くなってきました。あんまり濡れるのも嫌なので、とりあえずちょうどあった中村元記念館で雨宿りがてら見学しようとしたら今日は閉館でした。少し残念でしたが、椅子に座って雨を凌ぎながら雨雲の動きを調べることができました。

15分くらい経ち、雨もかなり減ったので走り出しますがベタ踏み坂まではすぐでした。到着したところで写真を撮りましたがなかなかネットの画像のように撮れません。そこで近くのファミマで撮影スポットを調べたところ、どうやら今まで走ってきた大根島から望遠レンズで撮らないと聳え立つようには写らないようです。残念ながら望遠レンズは実家に送り返してしまったのでできる限り離れてからスマホのズームで撮影。それなりにはいい感じに撮れました。

f:id:miuraoro:20210413214413j:plain

ベタ踏み坂です!

実際にベタ踏み坂を上ってみると、結構楽勝です。最高到達点は44mくらいで、勾配はこちら側が6%くらいですから、これまでの峠の方がよっぽど大変です。また、歩道もあってガードレールが高いので安心して漕いでいくことができます。松江から米子まではこっちのルートもアリですね!

ベタ踏み坂こと江島大橋を越えると鳥取県に入ります。県道47号を通り、米子空港のあたりからまた431号線です。こちらは歩道があって走りやすく、しばらくするとサイクリングロードになって海岸沿いに整備された道がでてきました。japan eco trackに登録された道でgoogle mapに道を表示できることから迷う心配がなく、残りの十数キロを快適に走行していきました。そうして宿へは18時ごろ到着。今夜の宿は三井別館さんで温泉旅館です。

f:id:miuraoro:20210413214526j:plain

431号沿いのサイクリングロードです

こちらの宿の方は皆さん親切で、自転車で来ていることを伝えると盗難防止に屋内へ入れますかと提案してくれたり、部屋や温泉への案内も丁寧ですごいいい感じです。部屋の方も一人で泊まるには広いくらいで、荷物も多いのにゆったりと過ごせそうです。

荷物を置いたら少しブログを書いたりして、夕飯を食べに行きます。ネットでいろいろ調べて、今夜はラーメンにすることにしました。ここ鳥取では牛骨ラーメンがB級グルメ的な感じであるみたいで、米子駅にお店があるのでそこまで自転車で走っていきます。距離は5km弱で結構長いですが、荷物を下ろしたので楽に着きました。店の名はラーメン大和、牛骨ラーメンがお得に食べられるお店です。普通のラーメンは450円、そしてなんと学割で学生は350円でラーメンを食べることができます。大学の近くにあったら絶対通っちゃいますね。

僕が頼んだのは日替わり定食でラーメン大盛りです。今日の定食は天津丼で、それにたくあんときんぴらがついてきました。ラーメンの味はスープが本当に美味しかったです。醤油ベースのスープですが牛骨の旨味がでているのか味に深みがあり、いくらでも飲んでいられるような美味しさがありました。麺は自身に特別な美味しさがあるわけでは無いですが、スープの良さを引き出すような感じで良かったです。天津丼はタレが甘い感じではなく、どちらかというとしょっぱい方向性です。こちらも美味しいです。そんな満足な定食でしたがお値段は850円。もしかしたら明日も夕飯はここかもしれません。コスパが最高なお店でした。

f:id:miuraoro:20210413214550j:plain

f:id:miuraoro:20210413214538j:plain

らーめん大和さんです。おいしかった!

夕飯を食べたら宿へ戻り、温泉に入ります。今日の宿"三井別館"さんの温泉は温度が高めみたいで、広い湯船に自分のちょうどいい温度を探して入ると説明が書かれていました。また、底が高くなっている半身浴スペースもあって、こんな広い湯船を独り占めできて最高でした。脱衣所にはウォーターサーバーがあったり、部屋にも魔法瓶に入れられた氷水があったりと細かいところが嬉しい宿ですね。

f:id:miuraoro:20210417193905j:plain

この画像は後日撮ったものですが、三井別館さんです。

今日はこんな感じで寝ます。1日を通して快適に走行できたのは久しぶりで、漕いでいて楽しかったです!

今日のまとめ

f:id:miuraoro:20210413214710p:plain

食費     2600円
お土産     785円
ステッカー等  800円くらい?
宿泊費    4220円
計      7605円

36日目 9号線を無理やり迂回して出雲へ 浜田→出雲

こんにちは、今日は浜田から出雲市へ向かいます。しかし、この区間のメインとなる9号線はトンネルや歩道がないなどで危険なので迂回をしていきます。そういう関係で出雲市までは80km程なんですが、坂が多くて累計で700mほど上らなくてはいけないので大変です。

8時には完全に起床、温かい恰好をしていたからかしっかり寝れたように感じます。今日は朝食を買ってき忘れたので、まずは江津のゆめタウンへ向かい朝食を取ることにします。9号線で10kmくらい、すぐの到着でした。

朝食はモスバーガー。運が良く電源コンセントが利用可能な席があり、電源問題を今日は解決できました。注文したのはダブルチーズモスバーガーですが、美味しかったです。充電と今日の道を調べながら食べていると結構時間が過ぎてしまい、11時ごろになったのでもう一つハンバーガーを注文し、食べてから出発しました。本当はゆめマートでおにぎりなんかと飲み物も買いたかったですがレジが並んでいたのでやめました。

江津からさっそく9号線を迂回して、県道302号線で浅利駅の方へ抜けます。短い区間ですが風景がすごい高い場所にいるような雰囲気で、空に近いところを走っている感覚でした。

f:id:miuraoro:20210412234837j:plain

302号線、上が開けて空が近い!

浅利からは海側の名もなき道路を走っていきます。アップダウンが結構あり、温泉津の手前の道は山道で路面状況がとんでもなかったです。落ち葉が路面を覆い、水が流れている場所がある中での急勾配ですから、タイヤが空転したりして思うように上れません。そして道の片側は崖ですから上りでも下りでも気をつけて走らないといけませんでした。

f:id:miuraoro:20210412234818j:plain

f:id:miuraoro:20210412230701j:plain

海沿いはこんなに綺麗です

f:id:miuraoro:20210412234850j:plain

落ち葉が一番ひどかったところです

温泉津の先も迂回をしていきますが、ここから峠になり、だいたい120mくらいまで上ることが分かっていたため、自販機で水分を補給しておきました。そうして比較的万全の状態で挑んだ上り坂は急で、押し歩きをしたりしながら何とか上れたといった具合です。普通の国道であればこんな急な坂はないですよ。弓張岳の展望台へ登った時と同じようなキツさでした(もっとも、あちらは3倍くらい登りましたが)。下り坂も急で、速度を落としながら、絶対に道を間違えないようにしながら下りていったのですが間違えて、9号線へ合流してしまいました。そのため、本来のルートに戻るためには今下ってきた道を200mくらいかな?戻らないといけないのですが、30mくらいのところで諦めました。こんな急な坂は本当に嫌です。

f:id:miuraoro:20210412234843j:plain

戻ろうとして断念した坂です。町道1号線でした

諦めたのには他にも訳があって、ここからは下りになり車に追い越される回数が減ることや、そもそもの車の数が少なかったからです。もちろん、トンネルに歩道は無く危ないですが、車が追い越す際には避けてくれる程度には交通量に余裕がありました。

それならば最初から9号線を走ったら言われるかもしれませんが、ここまで迂回したことにも意味があって、上りでの危ないトンネルを避けられたことはよかったと思います。

峠を下りきったところでコンビニ休憩です。何人かの人とお話しもしましたが、ここからも迂回の予定だったのでルートを調べます。その結果、高低差と交通量から安全面を考えても9号線を走っていくことにしました。ただ、トンネルを抜けてから上り坂が見えるところは迂回をしていったほうがいいと思います。坂は急ですが、距離もそんな伸びないので。そうして9号線との合流ポイントで休憩。実はこれまでにもかなり休憩を挟んでいます。

ここの坂を越えると太田の街になり、しばらくは平地が続いて走りやすかったですが、太田の街を抜けるともう一度峠が現れます。この峠も120mくらいあってなかなか上りますが、こちらは国道9号なので勾配がキツくなく、温泉津の時のようにはなりませんでした。

f:id:miuraoro:20210412230500j:plain

f:id:miuraoro:20210412234823j:plain

峠を越えてからの風景。雰囲気がいいですね!

f:id:miuraoro:20210412234855j:plain

途中、大砲のある公園で休憩もしました。


ここからはもうずっと9号線で出雲まで向かいます。基本的に歩道があって、心もホッとしながら夕陽を背に走っていきます。この時目的地にしていたのは多伎の温泉で、ここは出雲中心地から大体10kmくらい離れているので都合がいいです。そんな温泉まで近づいたところで道の駅がありましたから入りました。あわよくば夕飯を食べたかったのですがちょうど良いものがありませんでした。しかし代わりにあったのが豊富ないちじくを使った食べ物。ここ多伎ではいちじくの生産が盛んみたいで、いろいろあるものの中から僕はいちじくジャムのパンと、いちじくソフトを食べました。ジャムはたくさん入っていて、どちらも美味しかったです。こちらの道の駅でもお話をした方がいました!

f:id:miuraoro:20210412234907j:plain

いちじくソフト!つぶつぶがあります。パンは写真撮ってない...

f:id:miuraoro:20210412235458j:plain

お話しした方との記念写真!


道の駅でのんびりしたら温泉の方に行きます。こちらでは温泉で温まること以外にも、ブログの作成や調べ物をしたいという意味もあって少し長居しましたね。温泉の方は露天風呂もあって気持ちよかったです。いちじくの薬湯があってそちらも入りましたがあまり違いは感じれませんでした。あと、効能についてなんですがいちじく薬湯は昔から民間療法で腰痛やリウマチなんかに効くとされていましたが、理系大学生の悪いところが出たのか、根拠が無いなー、それは単に入浴による効能の可能性もあって有意に差が出るものなのかとか疑問に思っていました。

そんなで温泉を出て、今日の最後の十数キロを走っていきます。やっぱり夜は自転車が軽く感じられて、車もかなり少ないことから快適に走れました。そうして目的地の出雲へ到着。まずはコインランドリーで選択をしながらブログを書いたりします。その後はかつやで夕飯、今日の宿泊先はそのすぐそばにある快活です。

こうして今日も終了。距離的には短めですが坂がきつかったというのが感想ですかね。明日は米子まで行き連泊の予定なので少し余裕があります。今日はこんなところでブログの投稿は明日にしようかな。

今日のまとめ

f:id:miuraoro:20210412234917p:plain

走行距離    89.67km
走行時間    5:55.38

食費    3377円
ピンバッジ  390円
お土産代   870円
入浴代    600円
宿泊費   1936円
計     7173円